高血圧の改善に運動が良い理由とは?

高血圧を改善するために簡単な方法として運動をすると言うことが挙げられます。高血圧の改善に運動が良いと言われている事はインターネットやテレビなどで知っていると思いますが、具体的にどのような点が良いのでしょうか?今回は運動を行うことによって、なぜ高血圧の改善が見込まれるのかということについてお話をしていきたいと思います。

運動をすることによって交感神経の働きが低下し、結果血圧を下げることにつながります。高血圧の方は交感神経が優位になってしまい、血管の収縮を促してしまうことから血圧を上げてしまうと言われていますので、血管を拡張させる働きをする副交感神経を優位にするために運動を行いましょう。

また体液の循環が良くなることによって、利尿作用や発汗作用が活発となり、結果血液濃度が低下することにつながります。その結果として血圧が下がると言われています。このほかにも運動を行うことによって代謝が上がり、血圧の上昇につながるコレステロールや脂肪を燃焼させてくれる働きもあります。運動を行うことで様々な血圧改善につながることが見込めますから、運動は絶対に行うことをおすすめします。運動が嫌いな方でも少しずつ運動を行うように心がけていきましょう。

様々なことが原因になる

高血圧というのはどのようなことが原因で発生するのかと言いますとものすごくたくさんの理由があったりします。例えば過剰な塩分の摂取というのはよくある話ですし、肥満から、と言うことも多いです。飲酒などが原因であることもありますし精神的なストレスによって自律神経などの調整ができなくなってきているということが高血圧につながっている場合もあります。

果物などを食べていない場合にカリウムなどが不足していることがあり、そこから高血圧になってしまうということもあります。喫煙なども血管にものすごく影響があることになりますのでこちらも高血圧の原因になったりします。病院で高血圧であると言われた場合には禁煙するように言われますし飲酒などのもってのほかと言われることでしょう。

高血圧であるということはそういう意味において様々な生活の制限を受けるということになりますがこれまで不摂生を行ってきたからということで起きる場合の方が多いわけです。ですから、それを改善するということがとても大事になります。遺伝子的なことが原因であるということは仕方ないこともありますが、生活態度を変えるだけで少しはよくなるのであればそれは目指すべきです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする