お酒は飲まない方がいい?

皆さんは血圧を下げるためにどのような工夫や習慣を行っていますでしょうか?男性であれば特にお酒が好きであると思いますが、血圧を下げるためにはお酒はあまり良くないと言われています。なぜお酒を飲むことによって血圧を下げることを阻害してしまうのかということについてお話をしていきたいと思います。

お酒はもちろんアルコールが含まれていますから、お酒を飲むことによって血中のアルコール度数が上がってしまいます。アルコール度数が上がってしまうことによって血液の濃度は濃くなってしまい、結果血液がドロドロになってしまいます。ドロドロになってしまった血液を心臓が全身に送り出すためには強い熱をかけなければなりませんから、結果として血圧が上がってしまいます。血圧を下げたい人が血圧が上がってしまうようなことをやってしまうと本末転倒ではありませんか?とは言え、完全にお酒をやめると言う事はなかなか大変なことですから、今までよりも多く休肝日を作ってみたり、お酒を飲む量を減らすように心がけてみましょう。

またお酒を飲んでいる際にはどうしても味が濃いものが欲しくなってしまうと思います。ただでさえ血液がドロドロしている状態であるのにもかかわらず、より血液の濃度を濃くしまう味の濃いものを食べてしまうと血圧が上がってしまい身体にあまり良い影響はありません。極力そのような味が濃いものを避けるか、おつまみなどを食べる場合にはお酢などで味をつけることが好ましいでしょう。完全にお酒をやめてしまうということがストレスになると言う方もいると思いますので、自分が気をつけられる限りで気をつけられることを行っていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする